ベランダ(バルコニー)や屋上など風雨の影響を受けやすい場所の防水工事です

何気なく洗濯物を干しているベランダや屋上に関しては、外壁や屋根と違って人が歩いたりして直接防水部分 を傷めることもあります。よく見てみると表面に割れや膨れ、排水周りにゴミ等がたまりサビが発生して 最悪は雨漏りの原因にもなります。下の写真は危険度大の代表例です。



FRP防水工法・・・木造住宅のバルコニーに、最適な工法

 FRPとは、ガラス繊維強化プラスチックの略称で、強化プラスチックは、繊維と合成樹脂を一緒にして強度を強くした合成樹脂の事です。

一般的にはガラス繊維とポリエステル樹脂やビニールエステル樹脂が使われ、サーフボードや船などでよく使用される素材です。

FRPは、引張強度や曲げ強度が強く、耐酸・耐候性にも優れ錆びず、木材のように腐ったりもせず、しかも軽いという特徴があり 一般的な木造住宅に採用されるケースが多い工法です。


【施工事例】

【施工内容】


ウレタン防水工法・・・ビル・マンションなどの屋上防水に適している工法

 ウレタン防水工事は、一言で言うと、塗るだけで防水層を形成する材料を使用する工法です。 ウレタンの特性は、下地の形状に馴染み易く、水密性の高い連続皮膜が得られます。ですので、屋上をはじめとした複雑な部位への使用が可能です。
ウレタン防水工事の特徴として、比較的、安価というメリットがありますが、デメリットとして塗膜の均一性が低いです。
しかし、定期的にトップコートの塗り替えをする事により紫外線による劣化も防ぐ事が出来ますので、長期間、耐久性を持続させる事が可能です。


【施工事例】

【施工内容】




 柱や土台など、建物を支えている主要構造部がシロアリの被害に遭い 食害されてしまうと、
建物の耐久性や強度の低下につながり、
大切な家に長い間、良好な状態で住み続けることが困難になります。

●定期的な点検と、予防が重要です。

 新築時にはシロアリ予防を行い、一定期間の保証がついてきます。
この保証期間が終わる頃、使用した薬剤の効果もうすれてきます。
同様に前回の予防・駆除消毒をした時から、保証期間が終わる頃も同じです。
シロアリ予防・駆除の保証期間がきれそうな時、又はきれた時は、点検・調査を をしてもらうのも重要ですが、シロアリの生息も確認されず、被害もない場合でも 安心してはいけません。被害を未然に防ぐためにも、早めの予防が重要です。

ウインズホームは地域密着型のリフォーム会社としてきめ細かい対応が可能です。お問い合わせお待ちしております。ウインズホームは地域密着型のリフォーム会社としてきめ細かい対応が可能です。お問い合わせお待ちしております。ウインズホームは地域密着型のリフォーム会社としてきめ細かい対応が可能です。お問い合わせお待ちしております。

♪安さには自信があるから実績が違います!!

大手新築メーカーと取引しているため、日々の実績数がかなり違います。安価でも通常と同じく施工保証も発行します。



※追加料金と注意事項について ●20坪以上の場合、1坪毎に8,000円(税込)が加算されます。
●シロアリ駆除の場合は、被害内容により別途お見積り致します。
●損害賠償保険は、構造がベタ基礎、ユニットバスに限ります。
●上記の価格、保証内容は、「ヤマトシロアリ」が対象となります。 「イエシロアリ」「外来種」は、対象外とさせていただきます。


♪顔の見えるスタッフが床下をもぐります。
見えない所だから心配の声を解消〜

安心してお任せ下さい。全員、我が家の社員です。誰が伺うかチェックしてみては。

施工法 シロアリ対策協会
指定工法
  • 【吹付処理】 木部表面に薬剤を散布
  • 【土壌処理】 床下の土壌及び基礎面に薬剤を散布
  • 【穿孔注入処理】 床下からは処理できない部分(玄関等)に穴開けし薬剤を注入
薬剤 オプティガード使用
  • 有効成分が劇物、毒薬ではなく普通物、シックハウスして物質は含みません
  • 低臭性、低揮発性の薬物です。

♪品質保証 5年 で安心を約束します

♪5年点検に伺います。

投薬取扱いメーカーの保証期間は5年です。自社スタッフが床下の状態を確認します。
施工したお宅は5年と限らず、気になった時は、無料点検しますのでお気軽にご連絡下さい。

 薬剤散布は、薬剤タンクからホースを伸ばして行います。

そのためお客様のお宅が汚れないように、玄関から侵入口まで 養生シートで養生を行います。

 薬剤ホースをもって床下に潜り、散布を行います。

床下に使用されている木材(土台、床束、大引き、根太等)に 吹き付け、必要に応じて注入します。

床下がコンクリートの場合でも表面に散布します。

床下での工事だけでは完全に防除できない場合があります。

その場合は、必要に応じて各部位に適切な処理を行います。

工事が終わったら作業漏れ、補修漏れ等がないかチェックを行うとともに、清掃、後片づけを行います。
お客様に工事完了のご報告を行いすべて完了です。

ご相談〜施工完了まで